アテニアクレンジングの効果は?口コミを調べてみた

ドラッグストアで買い物をした時にたまにサンプルをもらうことがあります。

化粧水などの場合もあれば、メイク落としなどのアテニアクレンジング剤の場合もあります。

その際、いつも利用している商品のサンプルなら安心ですが違う商品の場合、肌質にあうか不安になります。

仮に肌質に合ってもダメージが心配という人もいるようです。

そういった方の多くは肌に優しい天然由来の成分で作られている洗顔石鹸を使ってメイク落としをしているようです。

石鹸を探す際にも他のメイク落としや化粧品を選ぶように乾燥肌の方にはオリーブオイルなどオイル成分が含まれているものを選ぶなど配合成分に気をつけてスキンケアしましょう。

メイクをする方にとってアテニアクレンジングは避けては通れないですよね。

その際、肌へのダメージが不安という人も多いのではないでしょうか。

実際、メイクを落とせるということは強力な洗浄力を持っていることになり、その分ダメージも強力ということになります。

ダメージの原因は界面活性剤です。

ただ、化粧を落とす際には界面活性剤は避けられず、肌負担をなくすことは不可能と言えます。

ただ、肌質に合ったものを選べば負担を減らすことはできます。

また、メイク落とし後に洗顔石鹸を使って洗顔をするのも人気なようです。

W洗顔はしないようにしましょうという話を聞いたことがある人もいるかもしれませんが化粧落としで使う製品と石鹸では落とす汚れの種類が異なります。

メイクを落としで使うレンジングオイルやジェルですが最近では肌への負担を考える人が増えてきているそうです。

そういった方たちはメイク落とし後に洗顔石鹸で洗顔をしているようです。

なるべくメイク落としなどに時間をかけたくない方の中にはクレンジング効果もある洗顔剤を利用しているというパターンもあると思いますがこういった複数の効果を持つアイテムの場合、どうしても単品の効果に比べると少し弱くなってしまいます。

また、しっかりメイクをする平日を基準にして選ぶと薄めのメイクをする休日には刺激が強すぎて肌にダメージがくることもあります。

そのため、シチュエーションに合わせてどのアイテムを使うかを見極めていきましょう。

アテニアクレンジング後にW洗顔を行うと肌に良いと知り合いに聞いたのですが洗顔時には洗顔石鹸と洗顔フォームどちらを選ぶと良いのでしょうか。

メリット・デメリットを簡単に比較してみましたので参考にしてください。

固形石鹸の大きなメリットとしては天然由来の成分でできているので肌や環境に安全なことや泡立てさせるのが難しいので少ない量で洗うことになり結果的に長持ちすることが挙げられます。

デメリットとしては、保管場所や方法を間違えるとバクテリアが繁殖しやすいことなどがあります。

洗顔フォームのメリットとしては洗顔ネットを使わなくてもふわふわの泡ができることやプラスチックの容器に入っていることが多いので清潔に保ちやすいことです。

短所としては肌へのダメージがあるとされる合成界面活性剤が必ず入っていることです。

生活用品の脱臭炭のように脱臭効果があることはご存知な方も多いと思います。

これは目に見えないくらいの小さな穴が炭にあるから起きる現象となっておりキッチンや靴箱など様々な場所の匂いが改善されます。

では、家に帰ってから行うアテニアクレンジングで使う洗顔石鹸にした場合、どんな効果が期待できるのでしょうか。

ネットで調べてみたところ、石鹸になったからといって脱臭効果だけでなく炭素の働きで肌サビを防いだりしてくれます。

アンチエイジング効果も期待できるようです。

また、どうしても石鹸の色が黒いので肌が黒くならないか心配になりますが泡立てると白く泡立つので安心してください。

ネットを見ているとアテニアクレンジング後に洗顔をした方がいいと出てきますが洗顔時には、洗顔石鹸で行うと良いと一緒に書いてあることも多いです。

なぜ「洗顔」とついているかというと多くの場合、顔を洗う際に使用されているのは洗顔石鹸・化粧石鹸のどちらかです。

この2つの違いとしては、化粧石鹸は顔を含めた全身を洗うことを主にした石鹸となっておりもう一つは顔を洗うことに重点を置いているからです。

販売している店舗の方に聞いたところ、全身の皮膚の厚さが約2mmなのに対し顔の皮膚は全体的に薄く最も薄い部分は約0.6mmしかなくデリケートなので全身用の化粧石鹸で洗ってしまうと汚れ以外に肌の潤いを守る皮脂まで洗い流してしまう可能性があるので洗顔に特化した石鹸が存在するそうです。

スキンケアで最も重要だと言われている工程がクレンジングです。

参考サイト:アテニアクレンジング口コミ暴露!危険成分ある?【ニキビ効果は?】

メイク落としの際使われているのはシートタイプやオイルタイプなど様々な種類があります。

シートタイプの場合、簡単にメイク落としができる代わりに、拭くときの力が肌に強い刺激を与えてしまうと言われているなど良い面も悪い面もあります。

どのタイプを使っていても気をつけていただきたいのはパッケージに洗顔必要と書いてある場合はメイク落とし用のクレンジングだけでなく洗顔石鹸での洗顔も行なうことをおすすめします。

その理由としては汚れの種類にはメイクなどの油性の汚れと角質やほこりなどの水性の汚れの2種類があるためです。

最近では両方の汚れを1度に落とせる商品も出ているようですが自分の生活環境に合った方法、洗顔剤を見つけてください。

クレンジングは刺激があるから注意が必要と聞いて石鹸洗顔にしているという場合も多いようです。

実際にクレンジングシートやクリームなどは洗浄力が強く刺激も強くなっています。

さらにシートタイプの場合では拭く力も追加でかかります。

固形石鹸は天然由来の成分で出来ています。

そのため、環境に優しく肌に安全なものになっています。

また、洗顔フォームに比べ泡立たせるのが難しいので少量を使うことになるので結果として長持ちするので経済的な面もあります。

デメリットとしては固形石鹸を家族と共有するとバクテリアなどの最近が繁殖しやすいこともあるので保管方法を注意しましょう。

オイルやジェルでメイク落としをするとダメージがあると聞いたことはありませんか?実際、シートタイプでは強力な洗浄力や拭く力がかかりダメージも強いです。

そのためメイクを落とすためのアテニアクレンジングで天然由来の成分でできている洗顔石鹸を利用する人も多いです。

また、クレンジング後に化粧水などでケアしている人も多いと思いますが「美肌の基本は洗顔」という言葉もあるくらい重要視されておりオイルやシートでメイクを落としたと思っていても古い角層や老廃物が残っていると根本的な解決にはなりません。

石鹸のように泡立てて使う商品でW洗顔不要というものもありますがメイクを落とせる強力な洗浄力を持っているということにもなります。