住宅ローンはどこで組むのがおすすめ?

夢のマイホームを建てたいと考えたときに銀行系、ネットバンク系ならどこでも申請可能なマイホーム購入時の融資が頼りになります。
とはいえ、金融機関はたくさんあるのでどこの商品がよいのかとても迷ってしまう。
という話もよく聞きます。
選び方の参考としては、近場の金融機関を選んだり不動産屋から紹介されたところやネットバンクなどでも受付可能です。
だけども、どの場合でも審査があり申込者全員が通る。
といった物ではありませんので、注意してください。
自分の家を持つと言う事は憧れだと思います。
ですが、住宅を購入する際には必ず住宅ローン相談の審査が必要です。
家の代金を現金ですべて支払えれば何も問題はありませんがそういった事はなかなか難しいの現状です。
ですから、一般的には銀行の融資に頼る方が多いです。
住宅ローンに関わる審査は、色々あるローンの審査の中でも特別に厳しいと言われています。
最長35年という年月支払い続けるものですからやはりローンが通らない方もいらっしゃいます。
審査が通らない理由としてあげられるのがやはり収入面です。
住宅ローン審査を問題なく通過するには、最低ラインで300万円以上の年収がなければいけない。
と言われています。
ただ300万円以上あれば良いという訳でなく、勤続年数・どのぐらいの規模の会社か。
という事も重要なポイントです。
住宅ローンを組む際はまず、まずはローンをどこの金融機関にお願いするか決めないといけません。
例をあげると、銀行や労金、ネットバンクなど住宅ローンを組める金融機関は数多くあります。
申し込みをする所による住宅ローン相談の審査の違いは特別違った点はありませんが、店舗が存在しないネットバンクは、取引をすべてネット上で行う事になります。
わざわざ店舗に行かなくて良いのでとても人気があります。
店舗がない分、経費がかからないので金利が低いのが特徴です。
ネットバンクは月の支払いを少なくしたい方や忙しい方にピッタリの住宅ローンです。
住宅ローン相談を組む際に気になるのが金利です。
ローンの金利には大きく分けて固定金利と変動金利があります。
どちらを選ぶかはその人次第で、銀行の方から薦められるという事はありません。
多くの場合、固定金利の方が金利が高く設定され、変動金利の方が金利が低く設定されています。
また、固定金利・変動金利、どちらを選ぶかによって審査が変わってくる。
と言った事などはなく、公平な立場で審査が行われます。
どちらの金利にしたら良いかわからない時は、銀行の金利の推移をチェックするのが良いでしょう。

住宅ローンの諸費用は消費税増税でどうなる?【消費増税で損するの?】