光インターネットに繋がらない時はどうしたらいいの?

最近、光回線の業者がお年寄りの自宅を訪問し、勧誘を強引に行ったり、判断力の劣りつつある高齢者を口先でうまく言いくるめて契約をさせるなど、光回線の契約に関わるトラブルが増えてきております。
こういったことを受けて、総務省は契約後8日以内なら問題なく解約が行える光回線の契約に際しクーリングオフ制度の導入を2015年に行う方針を明らかにしたのでした。
フレッツwi-fiが繋がらない場合には、いったんすべての装置の電源をリセットしてはじめから接続をやり直してみると良いかもしれません。
そうしても接続ができない時には、設定をもういちど見直してみます。
顧客サービスに電話してみれば理解できるように教えてくれますが、電話があまり繋がらないのが悩みです。
プロバイダの回線速度のことですが、大方の人はインターネットの閲覧、データをダウンロードしたりといったことで主に使っていると思うので、下り速度がもっとも重要なのではと思うのです。
ネット上でのHP閲覧程度であれば、そこまでのスピードの速さがなくても問題なく使っていくことが出来ます。
すでにかなり長いことインターネットを使っています。
光回線の契約も会社を変えたりしていくつかの会社と契約をしてきました。
今までに光回線を使用して通信速度を遅く感じたことは一度もありませんでした。
動画の視聴も快適で、他の回線を使う気にはなれないと思っております。

光インターネットのひかり電話って?【IP電話・固定電話とどう違う?】